おもてなしの心


洗浄剤の重要な性質

■アルカリ性

有機物の汚れの除去にはアルカリ性が有効なため、高温・アルカリ洗浄が基本です。しかしアルカリはガラスや金属の腐食を引き起こし、更に強いアルカリは素手で扱うことができません
リナクリーンWXは手に優しい弱アルカリ性で出来ています。

■低泡性(無泡性)

泡立ちが酷いとポンプが空回りして噴射力が弱まり、洗浄効果も半減。洗浄タンクから泡があふれ出す等のトラブルにもなります。リナクリーンWXは低発泡性の界面活性剤を使用しているため、この様なトラブルを最小限に抑える事ができます。

■汚れ再付着防止

洗浄液は繰り返し使用され汚れが含まれているため、一度除去した汚れは食器に再付着させないことが重要です。成分に含まれるキレート剤などが、しっかり汚れの再付着を防ぎます。

■軟水化・スケール付着防止

高硬度の水は洗浄を妨害するだけでなく、スケール発生の元となります。(一部地域の水道や井戸水などに高硬度の水があります)リナクリーンWXは特殊な界面活性剤を使用しており、硬水でも強力な洗浄力を発揮します。

■除菌・漂白

塩素系漂白剤配合の洗剤は、除菌力も発揮します。この除菌作用により、食器のにおいも抑えることができます。
(注意:塩素系は酸素系と混ぜると有害ガスを発生させます)

■乳化・分解

プラスチックの食器は油となじむため、汚れを落とすには油の性質を変える必要があります。非イオン界面活性剤の配合により、油脂汚れを乳化させて汚れを取り去ります。(非イオン界面活性剤とアルカリを混ぜるには別処理が必要になるため、全ての洗剤に非イオン界面活性剤が含まれているわけではありません)

洗浄剤の種類

■性状の違い

[液体]

ポンプにより安定供給が可能:濃度が安定しやすい

[粉体]

手投げでの供給がほとんど:濃度を一定に保つのが難しい

[カートリッジ]

専用の供給装置が必要:容器がコンパクトで扱いやすい

※リナクリーンWXは液体洗剤です。

■無リンと有リン

有リン(洗浄力効果はほとんどトリポリリン酸ソーダが発揮)の場合洗浄力が高いのが特徴ですが、リンは排水規制の対象物質で使えない地域があります。病院や公共施設等でも環境保護の観点から、嫌われる傾向にあります。
ただ、リンは体内にも含まれる必須の元素で人体に直接害があるというものではありません。

■リン以外の排水規制について

洗剤の使用で問題になるのは排水のpHですが、劇物製品はアルカリ性が強く水で薄めてもアルカリ性がなかなか弱くなりません。そのため食器を傷める、保健所から指導を受ける等の問題があります。リナクリーンWXは弱アルカリのため、その様な心配もありません。

■濃度コントロール

洗剤の使用で問題になるのは排水のpHですが、劇物製品はアルカリ性が強く水で薄めてもアルカリ性がなかなか弱くなりません。そのため食器を傷める、保健所から指導を受ける等の問題があります。リナクリーンWXは弱アルカリのため、その様な心配もありません。

 



ご注文はこちら

上に戻る

発売元 株式会社 スマイルクリーン
福島県郡山市八山田3-116
TEL.024-934-6606
代表取締役 宮田晃成
smileclean@mbc.nifty.com
FAXでのご注文は…(24時間受付)
024-931-6883